国内FX業者にはボーナスがない?代わりにスプレッドは狭め?

国内FX業者にはボーナスがない?代わりにスプレッドは狭め?

海外FXの魅力的なボーナスについては、海外FXのボーナスには種類がある!出金の条件も違うから要注意の記事でご紹介していきましたが国内FX業者にはボーナスはないのでしょうか?

ボーナスだけみればFX業者を選ぶときには海外FX業者の一択ですが、実は国内FX業者にも「スプレッドの狭さ」という魅力はあります。

国内FX業者と海外FX業者の違いも含めて見ていきましょう。

国内FX業者にも実はボーナスがあった!

日本国内にもFX業者は数十社があり、それぞれ顧客獲得に奔走しています。

よって、ブログサイトやポイントサイトとのタイアップでキャッシュバックがあったり、口座開設の時には「○○円キャッシュバック!」といったキャンペーンをしている業者もありますね。

「新規口座開設キャッシュバックキャンペーン」の条件は結構厳しい?

海外FX業者の人気No.1のXMでは口座開設をすると同時に口座にトレード用に3,000円のボーナスが反映されますが、日本国内業者の場合は口座開設後に即反映されることはなく、条件をクリアして後日キャッシュバックされるというとことがほとんどです。

国内人気No.1のDMM FXでは新規口座開設で1万円のキャッシュバックキャンペーンをやっていますが、一定量の取引や入金金額が条件となっていますね。

DMM FXのホームページによると、

【DMM FX】の口座開設を完了+初回の入金10万円以上+口座開設完了日から3か月以内に新規お取引500Lot以上で『10,000円』をキャッシュバック!

と書かれていますので、キャッシュバックを受けるためには口座開設前に10万円を用意しておかなければなりません。また、500Lotの取引は1Lotが1万通貨ですので、約500万円分の取引になります。

mok_ichimanensatu2mai_tp_v

これを3ヶ月以内にクリアしないといけないとなると、初心者には少しハードルが高いですね。

ワンコインボーナスがある!SBI FXトレード

海外FX業者の人気No.1のXMのように口座に即時反映されるボーナスを実施している国内FX業者にSBI FXトレードがあります。

SBI FXトレードでは、口座の開設と初回のログインをすると自動的に500円が口座に入金され、ワンコインでトレード環境をお試しできるというもの。

FX業者ごとにデモの口座もありますがやっぱり1円でもお金がかかっていると、トレードにも身が入りそうです。

これは1通貨(1円単位)で取引ができるSBI FXトレードならではのボーナス!ただし、XMと比較するとボーナスの金額はやはり少なめですね。

国内FX業者の魅力はスプレッドの狭さ!?

日本国内のFX業者でもキャッシュバックのキャンペーンをしているところももちろんありますが、キャンペーン内容を海外FX業者と比較するとやはり魅力に欠けます

日本国内のFXの魅力といえば、FXの取引を行ううえで、実質的にトレーダーのコストとなっている「スプレッドが狭い」ことがあげられていますが実際は海外のFX業者と比較するとどうでしょうか?

国内FX業者VS海外FX業者!スプレッド比較

アメリカドルと日本円の取引を行う場合のスプレッドを人気のFX業者ごとにそれぞれ見てみましょう。

まずは日本国内のFX業者で人気No.1のDMM FXは0.3銭、ワンコインボーナスのあるSBI FXトレードは0.27銭とかなり低い数値ですね。

海外FX業者の場合、なんと人気No.1のXMではスプレッドが限りなく0に近くなる「0(ゼロ)スプレッド口座」が存在します。(ただし0スプレッド口座は取引ごとに手数料がかかりますので注意しましょう)また、変動スプレッドを採用していますので、スプレッド値は日本国内の業者にも劣らない0.2~0.5銭とかなり狭い値です。

海外FX業者もスプレッドが狭い業者があった!

他の業者ごとのスプレッドもみていくと、FXDD0.2銭など狭いスプレッド設定を実現している海外FX業者もあることが分かります。

max16011524-2_tp_v

「スプレッドが狭いのがメリット」と言われていた日本国内のFX業者にも劣らない狭いスプレッドを提供しはじめた海外FX業者は要チェックですね。

ご紹介したXMのボーナスについては、最強のボーナス!海外FXのボーナス狙いならXM一択、FXDDについては、FXDDにもボーナスはある?気になる条件なども の記事を確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です